合同説明会の有効な使い方とは

合同説明会の有効な使い方とは

就職活動特に大学卒業時に行う就活は人生においての一大イベントとも言えます。なぜなら、多くの大企業は新卒一括採用の形をまだとっており、新卒でなければ入社が非常に困難な企業も多く存在するからです。



そんな就職活動を行っていく上でお世話になってくるのは合同説明会です。

合同説明会では一箇所の会場で複数の企業の会社説明会を聞くことのできるイベントです。

ここで多くの企業にあたり、自分のやりたいことや、社会の視野を広げることが大学卒業後の社会人生活を成功させることにつながります。

そこで今回は合同説明会の有効な利用方法について説明していきます。

合同説明会には大きく分けて2種類のパターンが存在します。



一つは主に大手の就活サイトが主催する民間のもの、もう一つは県や、地方自治体が主催して行うものの2種類が存在します。


それぞれのメリットとしては民間の場合、多くの企業を受けると様々な特典をもらうことができるという点です。



例えば、一定数の会社の説明会を聞くとクオカードや、就活の参考になる冊子などももらえます。

また、民間主催の場合企業が高額の参加料を支払うので、ある程度の規模の企業が来ることがある程度保障されます。

一方で、自治体等が主催の説明会にも大きなメリットがあります。

何より企業が説明会に出席するのにかかる費用が少ないことから、小資本でありながらも独自の強みを持った穴場の企業に会うことができます。

そして自治体で主催しているので、その地域では有名な企業も出席することから、地元に戻って働きたいような人にもオススメです。

賢く合同説明会を利用して自分の理想の職場を見つけていきましょう。